パークゴルフでのパットの打ち方

 

 

・パットが狙った方向に転がらない

 


・グリーン上で行ったり来たりしてしまうのを卒業したい

 


・パットの打数を少なくしてスコアアップを目指したい

 

今回の記事では、このようなパットの悩みへの答えを解説します。

 

 

パークゴルフでスコアを良くしたい場合、スタート地点からのティーショット、フェアウェイやラフからのショットも重要ですが、パットもカップインさせるのに重要なショットです。

 

いくらティーショットがうまいと褒められても、パットがうまく出来なければ打数は必然的に増えてしまいます。

 

とはいえ、重要なのはわかっているけど、それがいっこうに上達しないから悩んでいるんです。そのような声も聞こえてきそうですね。

 

そこで今回は、パークゴルフでのパットの打ち方について詳しく解説していきます。

 

style="text-align:center;"

 

原因

 

結論から言うと、パットを打つときにうまく決まらない大きな原因には、軌道のイメージが出来ていないということと、パットの練習不足でショットごとにボール軌道がぶれてしまう2つの原因があります。

 

 

軌道のイメージが出来ていない、つまり地面の起伏や芝の状態による影響を考慮してどのようにボールが転がるかというイメージが出来ていないと、ボールは狙ったように送り出すことができません。

 

地面の上を転がすわけですので、当然ボールの軌道は地面の起伏には左右されてしまいます。

 

ほんの少しの傾斜でもぶれキになったり、加速要因になったりするわけです。ボール進行方向に対して左右の傾斜であれば、そこから起動は左右に変わってしまいますので、傾斜を考慮したパットが必要になるのです。

 

そのため、カップまでの距離を力加減だけで入れようとしても、地面に傾斜があれば入りませんので、グリーンの傾斜は意識するようにしましょう。

 

この部分は、100回打って100回とも同じような条件になるということはありませんので、経験上でつかんでいくものになります。

 

 

一方で、パットを打った時に軌道がぶれてしまう原因は、次の3つの条件のいずれかに当てはまった場合です。

 

 

・体の向きが正しくない
・ボールを打つ際にボールを見ていない
・その場しのぎでボールを打ってしまっている

 

ここでは、ぶれてしまう原因について、解説します。

 

 

1.体の向きが正しくない

 

 

パットを打つ際、体の向きが違っているとボールは当然ながら狙った方向に転がりません。なぜなら体の向きが狙う方向に対して違うことからクラブフェイスの向きが違ってくるからなのです。

 

 

狙った場所とボールで出来る直線と体の正面が平行になっていない状態の場合、スイングしてフェイス正面は、狙いたい直線に対して角度がついてしまった状態になります。そのため、その角度分狙った方向に対して左右にぶれてしまうのです。

 

平淡な場所であれば、体の向きと狙った方向の角度をしっかりと意識してパットを打つようにしてみましょう。

 

 

2.ボールを打つ際にボールを見ていない

 

 

ボールを打つ際に、ボールを見ていないと狙った方向と違う方向に転がってしまいます。これは、当たった瞬間にボールがどうなったか気になる為、顔を転がる方向に向けてしまうためです。

 

そして当たった後までしっかりと見ていないと、当たる直前に顔をあげてしまうことで、体もひっぱられ、クラブフェイスの向きが変わってしまうからなのです。

 

例えば、首を左側に回してみましょう。この時、右胸が首筋に引っ張られる形で手前に出てこようとしませんか?また左肩も合わせて下に沈み込もうとしてないですか?

 

このように、ほんの些細な動作ですが、パットのショットに影響を与えてしまいます。ほんの少しのずれが、ボールが転がる1m先、2m先で大きくずれていってしまう原因になってしまうのです。

 

そのため、パットを打つ際には、ボールにクラブフェイスが当たった後まで、しっかりとボールのあった場所を見ておくことを意識するようにしましょう。

 

 

3.その場しのぎでボールを打ってしまっている

 

ボールを打つさいに、その場しのぎで打ってしまうと、ボールは狙ったつもりの方向とは違う軌道で進んでしまいます。つまり、ただクラブにボールを当てているだけでは駄目ということです。

 

 

パークゴルフのクラブには矢印の刻印があります。そちらの向きがクラブフェイスに対して垂直になっているので、この進捗方向をしっかりと意識することで、ボールをまっすぐ転がすことができるようになります。

 

 

その場しのぎで打つことはやめて、一打一打クラブフェイスの向きまでしっかりと意識して打つようにしましょう。

 

 

まっすぐ転がすパットの打ち方の意識したい5つのポイント

 

 

パットを打つ場合のぶれる原因を解説しましたが、敵がわかればその要因に対しての対策を行えばまっすぐに転がるようになるわけです。

 

 

意識したいポイントは次の5つです。

 

 

・両脇はしっかりと締め肘を緩めないこと
・打つ前から打ち終わった後まで、しっかりとボールのあった場所から目を離さないこと
・狙う方向と体の向き、そしてクラブヘッドの矢印をしっかりと合わせること
・手首で打とうとせず、肩を使ってスイングを行うこと
・狙った場所までの傾斜を確認し、ボールの位置からずっとフラットのつもりで打たないこと

 

 

これらのポイントを意識してパットすることで、狙いは大きくずれなくなり、狙った通りのショットが打てるようになります。

 

まとめ:パットを上達させ最小打数でコースを回れるようにしよう

 

パークゴルフにおけるパットでまっすぐに転がらない理由とその対策としての打ち方について解説しました。

 

パットを打つ場合にまっすぐに進まずぶれる原因は次の4つでした。

 

 

・体の向きが間違っている
・ボールを打つ際にボールを見ていない
・グリーンの傾斜を意識していない
・その場しのぎでボールを打ってしまっている

 

また、それに対して次の5つを意識することでまっすぐ転がるパットが打てるようになることを解説いたしました。

 

 

・両脇はしっかりと締め肘を緩めないこと

 


・打つ前から打ち終わった後まで、しっかりとボールのあった場所から目を離さないこと

 

・狙う方向と体の向き、そしてクラブヘッドの矢印をしっかりと合わせること

 

・手首で打とうとせず、肩を使ってスイングを行うこと

 

・狙った場所までの傾斜を確認し、ボールの位置からずっとフラットのつもりで打たないこと

 

ラフからの打ちだしのような打ち方にコツがあるわけではなく、基本的な打ち方をマスターするだけでパットはかなり上達していきます。

 

そして、傾斜を読めるようになれば、パットの軌道も上手くコントロールできるようになります。

 

パットを極めて、正確に打てるようにし、スコアアップにつなげていきましょう。


関連ページ

パークゴルフ、初心者のためのオススメ動画集
北海道で生まれたパークゴルフ!現在では全国的に普及して各地にに施設が出来て、トーナメントも盛況に行われていますが、ここでは、初心者向けのyoutube動画を紹介していきます。
パークゴルフの上げ球の打ち方とは?
北海道で生まれたパークゴルフ!現在では全国的に普及して各地にに施設が出来て、トーナメントも盛況に行われていますが、ここでは、初心者向けですが揚げ玉の打ち方を解説していきます
パークゴルフの基本的な打ち方
北海道で生まれたパークゴルフ!現在では全国的に普及して各地にに施設が出来て、トーナメントも盛況に行われていますが、ここでは、初心者のパークゴルフの基本的な打ち方を解説します。
パークゴルフのラフからの打ち方は?(初心者向け)
北海道で生まれたパークゴルフ!現在では全国的に普及して各地にに施設が出来て、トーナメントも盛況に行われていますが、ここでは、技術編でラフからの打ち方を解説していきます。
パークゴルフボールが右に飛ぶ場合の治し方
北海道で生まれたパークゴルフ!現在では全国的に普及して各地にに施設が出来て、トーナメントも盛況に行われていますが、ここではボール紙具に飛んで行ってしまう場合の修正法を解説します。
パークゴルフのロブショットの打ち方|初心者向け
北海道で生まれたパークゴルフ!現在では全国的に普及して各地にに施設が出来て、トーナメントも盛況に行われていますが、ここでは、ロブショットの打ち方を解説していきます。